黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

貯金するべき?株式投資するべき?

貯金と投資

 

f:id:osamu-i17811:20180707160823j:image

黒猫です。今回は貯金と投資についての、私なりの考えを述べたいと思います。

 

結論から言うと、貯金も投資もどちらも大事です。

 

しかし、貯金のみで財産を築くには限界があります。

やはり投資すべきかと思います。例えどんなに所得が少なくてもコツコツ貯金して投資しましょう。私も人並み以下の所得しかありません。でも、株を所持しているだけで配当収入が得られるのは、とてもうれしいです!

今の時代、銀行に預けていてもゼロ金利で全くお金は増えません。

バリュー株

株式投資は確かにリスクを伴います。買った株が暴落して半値になる、なんてこともありえます。

しかし比較的リスクの少ない株式銘柄も探せば存在します。

株価が比較的安くて配当利回りが高い、

企業の銘柄です。こういった株をバリュー株と呼ばれています。

バリュー株とは、現時点の株価が本来的な企業価値を考慮した水準に比べて安いと考えられる株で、安定的な経営状況ではあるが、急激な成長も望めないような株です。株価の上昇も緩やかな為、短期間に利益を得たい投資家には不人気です。

バリュー株は配当利回りが高い銘柄が多いです。会社の安定的な収益を株主に配当金として分配する為です。

例えば配当利回り5%の株を100万円で買い10年間所持し続ければ、10年で50万円の配当収入を得ます。

バリュー株であろうと、企業も成長も衰退もしますから、株価の変動はあります。

ですが、グロース株と比べると変動幅は小さいですね。

 

グロース株

多くの投資家に人気がある銘柄はグロース株です。グロース株とは、企業の売り上げや利益の成長率が高く、その優れた成長性ゆえに株価の上昇が期待できる株式のことです。「成長株」とも呼ばれる。アメリカの会社で言えば、FacebookやApple、Amazonなんかが該当します。ただし、一握りの成功企業の裏で株価が暴落し低迷したまま上がらない企業もあります。

また、グロース株は配当そのものが無い場合もあります。

その為、銘柄選択を誤ると大損する可能性もあります。大儲けする可能性も、もちろんありますが。

 

株式投資でリスクを下げる方法は他にもあります。それは、株の購入時期です。

株の原則はとにかく安い時に買い、高い時に売るです。そう言う意味では、今の株式市場は景気も良くて株価は全体的に高い傾向ですが・・。

そういった時期はあえて投資するより貯金の割合を増やして、株価暴落時に株を買い増す方法もあります。

ただし、全額貯金はオススメしません。

バリュー株を買っていたなら、配当収入も得られますし、

投資において、自分の考えで投資をすることで投資の経験値を得られます。

成功経験も失敗経験も、体験することが後々の投資で成功を収める秘訣にもなります。

 また、短期投資は、私含めて初心者で利益を得るには長期投資より難しいです。株初心者は配当目的で長期投資から始めてみてはどうでしょうか。