黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

GSKグラクソ・スミスクライン株新規で購入。

                        最終更新日2018/8/11

f:id:osamu-i17811:20180812012318j:image

 

GSK(グラクソ・スミスクライン)

GSK株を新規で60株購入

配当利回り5.3%

GSKは、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業です。

日本でもグラクソ・スミスクラインの製品を販売しています。主に医療機関向けの、ワクチンや治療薬。インフルエンザの治療薬リレンザは有名です。また、一般消費者向けの風邪薬コンタックや経皮鎮痛消炎剤ボルタレン、歯磨き粉のシュミテクトは有名ですね。

 

 GSKは製薬会社の2017年度売上高ランキングで世界6位でした。

2017年度 製薬会社 売上高ランキング

answers.ten-navi.com


f:id:osamu-i17811:20180812072156j:image

①ロシュ (スイス)   60.761億円

②ファイザー(米国)   58.852

③ノバルティス (スイス) 55.022

④メルク (米国)     44.937

⑤サノフィ (仏国)    44.520

⑥GSK (英国)      43.468

⑦J&J  (米国)      40.607

⑧アッヴィ (米国)    31.602

⑨ギリアド (米国)    29.240

⑩イーライリリー (米国) 25.616

改めて表グラフを眺めると、スイスとアメリカの製薬会社が強いですね。世界1位と3位がスイスです。2位がアメリカで4位、7位、8位、9位、10位をアメリカ勢が独占。

残念なから、日本の製薬会社は世界ではトップ10にも入っていません。日本の会社で最上位は19位の武田薬品工業です。武田薬品は、アイルランドの製薬会社シャイアーの買収交渉を行っていて、買収が、成功すれば世界売上高ランキングでトップ10入りすることが確実です。

 

私が今回購入したGSKはイギリスの会社です。

GSKは、売上高も安定しており、過去10年間の財務諸表を確認しても、一度も赤字にはなっていませんし、長期投資する銘柄としては、ナイスな株ですね。

株価の変動幅もは55〜30$と大体安定しています。典型的はバリュー株ですね。

グロース株のような成長は期待出来ません。

 

今回は一緒に、AT&T株とGE株を追加で買い増しました。

今から来年の配当が楽しみです!

 

GSK今後の成長戦略

r.nikkei.com

 

 記事によると、同業最大手のノバルティス(スイス)から

一般医薬品の合弁事業を買収し完全子会社にするとのこと。

買収額は130億ドル(約1兆3700億円)。

大衆薬に集中投資し、価格競争に規模で対応する方針です。

また、2015年より、両社はそれぞれの得意分野の譲渡を行い、ノバルティスは抗がん剤の製品群をGSKから獲得する一方で、GSKはワクチン事業をノバルティスから獲得。

お互いに補間し合うことで、それぞれの成長分野に集中投資することが可能となったようです。