黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

Facebookに続きTwitter株も下落

Facebook

f:id:osamu-i17811:20180729095145j:plain
アメリカIT企業の雄、Facebookの株価が下落しました。
時価総額で13兆円分の株価が下落し、株主がFacebookを訴える動きまであります。1日での目減り額は史上最大で、マクドナルドの時価総額に匹敵するとのこと。
下落理由は、Facebookのユーザー数の伸びに陰りが見えてきたことや、個人情報保護の対策費用や、偽ニュースメール対策などで利益率を圧迫すると投資家に懸念された為です。

今までは飛ぶ鳥を落とす勢いで成長してきたFacebook、今後は緩やかに成長する見込み。
シェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)曰く「成長のペースは鈍化しているが、今でも成長を続けているし、この先も非常に健全なペースで成長すると予測している」

ピボタル・リサーチのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は「広告業界、そしてネット広告も同様に、成長には限界がある」と指摘。「フェイスブックはなお急成長を遂げているが、30%以上の伸びをたたき出す日々はもう長くは続かない」と述べる。同氏はフェイスブックの投資評価を決算発表前から「売り」としている。

これが一時的な下落なのか、長期的な下落なのか、わかりません。しかし成長が鈍化しても黒字経営の優良企業であることは変わりませんね。


Twitter

f:id:osamu-i17811:20180729093825j:plain
同じSNS業界のTwitter
Facebookの株価と同様に、株価が20%近く下落しました。

2018年第2四半期の業績で
純利益が前年同期の大幅な損失から第2四半期の1億ドルの利益に転じた結果、収益の成長は加速しましたが、(収益は前年比24%増、前年比で7%増)
月間アクティブユーザ数は、不正アカウントを削除した結果、順次100万人減少しました。

上場後、赤字体質だったTwitterも今年から黒字化を達成しましたが、アクティブユーザー数の減少やFacebookの影響で、投資家心理の不安が広がり株価暴落となった模様です。

逆張り投資家にとっては、この状況はチャンスかも知れませんね。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログへ