黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

ボーダフォン【Vodafone】株の検証 ADR銘柄

f:id:osamu-i17811:20180808110318j:plain

Vodafoneってどんな会社?

Vodafone(Vod)はイギリスの多国籍携帯電話会社。
時価総額:450億ドル(5.1兆円)

1985年1月、イギリスで創業。Vodafoneは現在26か国に子会社があり、50か国以上にパートナーネットワークが存在する。

社名の由来は、「Voice」「Data」「phone」の造語からなる。
ボーダフォンと言えば赤いロゴでサッカー選手ベッカムが出演していたCMが印象的でした。



日本での事業
2001年2月、Vodafoneは、米AT&Tから日本テレコムの株式を取得し、筆頭株主になる。日本での事業開始。
2001年11月、社名をJ-PHONEに変更。
2003年10月、社名をVodafoneに変えブランドを統一、以降Vodafoneは日本ではドコモ、auに続く第三の携帯電話会社として活動。
しかし、2006年6月、日本のVodafoneはSoftBankに1兆7500億円で買収され、日本からは撤退いたしました。

黒猫自身も、Vodafoneの携帯を持っていました。当時は日本の携帯メーカーも勢いがあり、毎年の新機種が楽しみでもありました。今じゃガラケーなんて呼ばれてマイノリティな存在になってしまいましたね。

世界での事業
ヨーロッパを中心にアフリカ大陸からインド、オセアニアまで幅広く各国で携帯電話事業を展開中。
ヨーロッパでの契約人数は意外にも本国イギリスがNo1ではなく、ドイツが契約人数約2900万人で1位。その次にイタリア、イギリス、トルコと続きます。

Vodafoneの経営戦略は各国の2番手、3番手の携帯会社を買収し、社名をVodafoneブランドに統一して、事業を営んでいます。その為、殆どの国での市場シェアが20〜50 %台が中心です。

財務諸表

f:id:osamu-i17811:20190302134715j:plain
売上高 営業利益 純利益
f:id:osamu-i17811:20190302135906j:plain
営業CF 投資CF フリーCF
f:id:osamu-i17811:20190302140239j:plain
営業キャッシュフローマージン
売上高は減少傾向です。
特にイタリアやスペインで格安の携帯電話会社に顧客を奪われ、苦戦しています。

2016年2017年は赤字でした。2011年前まで遡れば赤字になった年は16年と17年のみ。
売上高や利益率だけを見れば投資対象としては、よろしくないですね。
ただし、その分株価は安く、配当利回りも高いです。2018年は黒字化を達成。

2014年に純利益が急増した要因はVerizon(米国通信企業)の株式売却による臨時収入の為です。

今後の成長戦略

Vodafoneはドイツ、東欧諸国で事業展開中のLiberty Global社(固定ブロードバンドサービス)を184億ユーロ(約2兆4000億円)で買収するなど積極的な投資を行っています。
携帯電話以外の顧客を増やすことで、将来の安定収入が見込まれます。

次世代の通信規格の5Gにも積極的に取り組み、2020年代にはサービス開始されるとのこと。

また、インドの携帯電話会社の合併吸収など、インドでのサービスを強化していく方針です。

インド携帯大手アイデア・セルラーは20日、インド事業の統合で合意したと発表した。ボーダフォンの現地法人は同国2位、アイデアは3位。
2018年をメドに済ませる統合後は加入者4億人弱の同国最大手になる

ボーダフォンはまず統合会社への出資比率を45%、アイデアの親会社アディティヤ・ビルラ・グループは26%とする。
その後、アディティヤはボーダフォンから統合会社株を徐々に買い増し、最終的には出資比率を均等にする方針だ。
産経新聞より引用

配当・ADRについて
配当利回りは約8%(2018/9/17日現在)
年間配当日 年2回
8月(配当落ち日6月)
2月(配当落ち日11月)
連続増配:23年(ポンド建て)
配当利回りは非常に高いです。
だだし株価は過去5年間で最低水準です。
最新株価は約22ドルと、とても割安感がありますね。

しかしEPS(1株当たり純利益)がとても低く、株価がさらに下がるリスクもあります。
PER23.24 EPS1.02

米エリオット・マネジメントが出資
アクティビスト(物言う投資家)ファンドとして知られる米エリオット・マネジメントが同社に出資。
ボーダフォンに変革を促していると報じたが、具体的な内容は示さなかった。出資規模は不明だが、かなりの額だという。

www.bloomberg.co.jp


イギリスのADRですからイギリスの現地税はゼロです。日本の源泉徴収税率一律20.42%(所得税+復興特別所得税)のみの税率になります。


イギリスのADRについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さい。
www.kuroneko.work



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログへ