黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

米国経済の行方と米国株の買い増し。

f:id:osamu-i17811:20180915114701j:plain

ダウ平均株価が2万6千円台となり、リーマンショック後から立ち直った米国は、10年近くの好景気に湧いていますね。
大変好ましい状況ですが、
株式投資をしている身としては、いつ不況に陥るのか心配です。

米国経済の高不況を、見極める一つの指標として、米国家計債務残高があります。
それでは、過去の米国家計債務残高を見てみましょう。

2018年、米国家計債務残高は過去最高

f:id:osamu-i17811:20180915093808p:plain
(My Big Apple NYより出典)
Q1家計債務は5期連続で過去最高、自動車とクレジットカードの延滞率も上昇 | My Big Apple NY | My Big Apple NY

ニューヨーク地区連銀が発表した調査によると、1~3月期の全米家計債務残高は13兆2,100億ドルだった。今回は前期比630億ドル増加(0.5%増)し、5期連続で2008年7~9月期の12兆6,800億ドルを超え過去最高を更新。活発なデレバレッジ(=借入の返済)が収束した2013年4~6月期の11兆1500億ドルからは、18.5%上回る。

家計債務は、ホームエクイティ・ローン以外で全て増加。

住宅ローンの新規組成額のうち、76.0%が優良プライム層である720点以上だった。1年ぶりの高水準となる。

一方、自動車ローンの債務残高の内約も、信用度の低い人々の割合は低いとのこと。自動車ローン、サブプライム層のシェアは2010年10~12月期以来で最低。

新規の自動車ローン組成のうち、信用スコア620点(低信用で返済能力が乏しいサブプライム層)以下の割合は18.8%と前期の18.9%を下回り、2010年10~12月期以来の低水準だった

家計債務 所得比率
f:id:osamu-i17811:20180915093836p:plain
(My Big Apple NYより出典)

家計債務は、5期連続で金融危機のさなかに記録した過去最高を更新しました。しかし家計債務の可処分所得比率は、依然として低い。家計のバランスシートは、引き続き健全と言えます。

今後は金利上昇、ガソリン価格の値上がり、物価の上昇が減税効果を打ち消すリスクが横たわり、延滞率にどのような影響を与えるか要注意です。

家計の債務残高は過去最高も、サブプライムローンのような金融危機が原因で不況に陥るリスクは、無さそうです。

時価総額トップ5の推移

2007年 世界の時価総額ランキング

  1. エクソンモービル 5100億ドル
  2. ペトロチャイナ 4480億ドル
  3. ゼネラル・エレクトリック 4220億ドル
  4. チャイナモバイル 4060億ドル
  5. 中国工商銀行 3720億ドル

2017年 世界の時価総額ランキング

  1. アップル 7750億ドル
  2. アルファベット(Google)6500億ドル
  3. マイクロソフト 5610億ドル
  4. フェイスブック 4920億ドル
  5. アマゾン 4750億ドル


たったの10年で時価総額ランキングが様替わりしていますね。米国では製造業のゼネラル・エレクトリックや石油メジャーのエクソンモービルが脱落し、代わりにIT企業が米国経済を牽引。特にFAAMGと呼ばれる、フェイスブック、アップル、アマゾン、マイクロソフト、グーグルの躍進が目覚ましいです。
世界経済は
ビッグデータやAI(人工知能)などによる第4次産業革命のさなかにあるが、そこでもFAAMGは存在感を示す、とのこと。
経済の大革命で、米国の「独り勝ち」がさらに鮮明になる可能性すらあります。

9月の米国株の買い増し。

今回、買い増しした株は、

  1. 【KHC】クラフトハインツ
  2. 【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ
  3. 【XLP】生活必需品セレクトセクター

3銘柄を選んだ理由は保有株の中でも株価が下落していた為と、生活必需品系株の割合がポートフォリオの中で少なかったからです。

【KHC】は前回の追加購入に引き続き買い増ししました。財務諸表も良好で健全な経営をされている企業です。
www.kuroneko.work


【BTI】は英国企業ですが、
ADRとしてアメリカ市場に上場しています。タバコの利益率も高く今後も安泰の企業です。
www.kuroneko.work


【XLP】は初めて購入したETFです。ETFは一度買いたかったから購入しました!今回購入したETFは、生活必需品セクターに特化したETFになります。
www.kuroneko.work

購入した株数と株価
f:id:osamu-i17811:20180915102703j:plain

今のところ、米国家計債務残高を確認しても、
米国経済の後退の兆しは見えませんでした。
米国発の経済の後退より、新興国や中国発の不況のリスクが高そうです。

現時点では、米国経済は特段の不安材料は無いですね。
今後も粛々と株を買い増し、将来の備えとして行きます。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログへ