黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

長期投資は堅実だけど退屈な投資。

f:id:osamu-i17811:20181023095008j:plain

黒猫です。
退屈だから、余計なことを考えてしまいます。

最近は、日本から手軽に米国株や外国株を購入出来るようになった為、米国株人気が高まっています。黒猫が米国株を始めたキッカケも先人米国株ブロガーのお陰です。

ただ、やっぱり日本人だから、日本株のニュースや情報が手に入り易く、日本株の値動きも気になりますね。
特に日本株は、米国株に次いで世界では堅調な値動きとなっていて、アベノミクス相場に乗っかり、現状まで、儲かっていた投資家さんも多いことだと思います。


日本株はボラティリティー性が大きく短期投資では面白い市場。

株式用語ボラティリティーとは
ボラティリティー(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティーが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティーが小さい」という場合は、その商品の価格変動が小さいことを意味します。
SMBC日興証券より引用

例えば、こちらの日本株も値動きが激しいですね。
りそなホールディングス
f:id:osamu-i17811:20181023091838j:plain
楽天
f:id:osamu-i17811:20181023091911j:plain

どちらの銘柄も短期間に上がったり下がったりを繰り返していますね。
元々、株式投資とは上がったり下がったりを繰り返すものですが、日本株には、余りにも値動きが大きい銘柄が多くあります。

特徴はどちらの銘柄も株価が安く、購入しやすい為、機関投資家の投資対象になり、大量のカラ売りや買い注文も多く株価の変動が大きいです。
短期投資家にとっては、この変動の激しさが面白く参戦する価値が高いのです。


米国株の優位性は、ダウ平均株価を見ても分かります。
株主への待遇面でも米国企業は日本企業と比べたら大きな開きがありますね。
多くの連続増配企業、高配当の大企業、積極的な投資で株価が上昇するグロース株を擁する米国株。

兎に角、日本企業は内部留保が多すぎます。投資も消極的、株主への還元も少ない企業が多すぎる。


米国企業と比べると見劣りする日本企業
と日本株のマイナス面を強調しましたが、
短期投資なら日本株も魅力的
やっぱり、人間は欲張りと言うか、短期間で大儲け出来ないかと考える欲深き生き物。
欲張って損する可能性だって大いにあるから、安全に資産を増やすなら米国株への投資が最適解なのは理解しています。

鉄の意志で米国株やETFの長期投資のみをしている意志の堅い投資家さんを尊敬します。

安全に資産を増やすなら米国株1択。

多くの日本株に投資している方は2020年の東京オリンピック後の景気後退を予測していますね。これは、オリンピック終了に伴う建築需要の低下が先ず考えられます。
金利上昇の影響も大きく、米国景気が後退し日本の景気も悪くなると推測されます。
黒猫も概ね同意します。2020年迄には日本株を全て売る予定です。
ただ、未来のことなど誰も分からないものです、2020年以降も好景気を維持する可能性だってありえます。

東京オリンピック後より、
更にヤバイのは2025年問題かも知れない。
戦後のベビーブームで生まれた団塊の世代の人々が全員75歳以上の後期高齢者になり、超高齢社会を迎えるとのこと。
今でも莫大な社会保障費が問題となっていますが、とんでもない財政赤字となりますね。
消費税10%からまた消費税も上がりそう。

政府は国の借金解消するために、インフレ誘導を目論んでいます。
インフレになると、モノの値段が上がりお金の価値が下がります。
お金自体の流通量も増える為、収入も増えるとのこと。
何となく、収入も増えると言われても実感は湧かないです。インフレになると本当に収入は増えるのでしょうか?
中小企業に属する黒猫だから心配です。
最悪、インフレだけ進んで収入が増えないなんてことも考えられます。

インフレが進むと、お金の価値が下がる為、現金保有の貯金は大損します。
だからドル建ての米国株への投資は、将来のインフレ対策で効果的です。

結論
長期投資は米国株1択。
日本の将来は悲観的だが、
短期投資なら日本株もまだまだ面白い。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株