黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【SPXL】レバレッジ3倍ETF

f:id:osamu-i17811:20181107113117j:plain
こんにちは、黒猫です。

本日は、米国中間選挙の結果が発表されますね、トランプ共和党が勝つのか負けるのか、それとも引き分けるのか注目です。
シーゲル教授は、下院でもし民主党が過半数超えようが、それ程経済への影響はないと仰られていますから、慌てず見守りたいと思います。

米国株を初めてからは、自分のブログを書く他に米国株ブロガーの記事を読むのが趣味となっています。
たぱぞうさんのブログ記事は楽しく、読ませて頂いていますが、昨日の記事は、特に興味深い内容でした。
内容は、SPXLという、S&P500ETFにレバレッジ3倍掛けたETFについてです。
詳しくは、たぱぞうさんのブログ読んで下さい。
レバレッジ3倍。魅惑的すぎる。
こんなETFがあったんですね!
信用取引ではなく、通常の現物取引で運用出来るなんてお得すぎる。
もちろん損失も高くなるのは理解しています。
ですが、個別のグロース株買うなら、このレバレッジ3倍ETFでいいような気がしてきた。

信用取引のような追証やFXの強制ロスカット等のリスクはなく、お得感があります。
信用取引は怖くて使った経験は今までありませんが、これなら、ポートフォリオの10〜15%の範囲なら、試しに買ってみたいETFです。
来年のNISA枠で5年間コツコツ購入と、頭金で、5万程買ってみるか検討してみます。
買うなら損してもいいや、くらいの精神で投資しようと思います。

レバレッジ3倍ETFの欠点は、通常のS&P500ETFと比べて圧倒的に経費率が高い点ですね。約1%と割高ですが、レバレッジ3倍で運用するなら致し方ないコストかと思います。

S&P500の市場平均株価指数に連動するETFなら、長期的な視点で株式市場の歴史を振り返れば株価は上昇するものと歴史が証明していますし、信じてコツコツ投資してみたいですね。
ウォーレン・バフェット氏も、「NYダウ平均が100年後には100万ドルを超える」と力強く発言されています。
現在のNYダウ平均が2万5000ドルほどなので、ちょっと信じられない数字ですが、最も成功している投資家が言うなら、説得力もあります。

SPXL株価推移

f:id:osamu-i17811:20190302223218j:plain
SPXL株価推移
常に3倍で推移するだけあってリーマンショック後は、株価が急上昇しています。2018年10月世界同時株安で株価も急降下。
これ程の下落幅はSPXLが運用された歴史上でも最大の下落幅ですね。
しかし、
2019年に入りS&P500株価指数に連動し急浮上している。
やはりボラティリティは高い。

S&P500とSPXLとの比較

f:id:osamu-i17811:20190302224221j:plain
S&P500vsSPXL チャート比較
f:id:osamu-i17811:20190302224328j:plain
過去10年間の比較では、SPXLが圧倒しています。


S&P500のチャート
f:id:osamu-i17811:20181107110451j:plain
過去2回の大暴落の推移が、よくわかります。ドットコムバブルとリーマンショック。ドットコムバブルは2年間の下落相場、リーマンショックも約1年半近くの下落相場と、今後も同じようなリセッションが待ち受けるとなると、なかなか恐ろしいですね。
過去10年間の相場が、いかに恵まれた相場であったのかもわかります。

リセッションがあったとして、
1年以上の下落相場をホールドして、耐えられるのか。未知数です。
リセッション後に買うのが正解かも知れません。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株