黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【TME】Tencent Music Entertainment株の考察【中国株】

f:id:osamu-i17811:20181222154918j:plain
こんにちは、黒猫です。

本日は、
テンセントのスピンオフ企業テンセント・ミュージック・エンターテイメント株を考察してみました。

考察した経緯は、最近の上場したばかりの企業の中では、最も将来性がありそうな企業だと思ったからです。

何で、そう思ったのかって?

なんとなく、儲かりそう!

たんなる勘です!

株は購入前の、どの株を買うべきか悩んだり、考察する過程が1番楽しいです。
購入した後は株価が、どのように推移するのか見守るだけですからね。

しかし、今の相場ってこわいな。

何買っても、含み損になりそうだ。


テンセント・ミュージック・エンターテイメントとは

テンセント・ミュージック・エンターテイメントは中国の音楽配信会社。インターネット大手テンセントの音楽部門を担う。音楽やミュージックビデオおよび音楽中心のライブストリーミングを提供するアプリQQ音楽、酷狗(KuGou)音楽、酷我(Kuwo)音楽のほか、カラオケアプリWeSingを運営。
月間アクティブユーザーは8億人を超える。

NYSE(ニューヨーク証券取引所)に2018年12月12日上場。

ティッカー TME
企業名 Tencent Music Entertainment Group
時価総額 2兆2千億円
最新株価 12.19ドル

Tencent Music Entertainmentの株価推移や売上高など

TME株 株価推移
f:id:osamu-i17811:20181222123737j:plain
2018/12/12上場後の最高値14.42ドル。
最新株価12.19ドル。

売上高 営業利益 純利益
(2017年9月〜2018年9月)
f:id:osamu-i17811:20181221092042j:plain

営業CF 投資CF フリーCF
(2017年9月〜2018年9月)
f:id:osamu-i17811:20181221092123j:plain
NYSEに上場したばかりのグロース株ですが、既に純利益を得ており、キャッシュもどんどん増えていますから、上々のスタートアップですね!親会社が巨大企業のテンセント・ホールディングスだから倒産の心配もありませんね。

次はテンセント・ミュージック・エンターテインメントの親会社である、テンセント・ホールディングスの財務諸表を見てみましょう。

テンセント・ホールディングスの財務諸表

2012〜2016年の財務諸表

f:id:osamu-i17811:20181222112900j:plain
出典 テンセント・ホールディングス決算資料より
売上高は2012年から2016年で約4倍に増加。純利益も約3.5倍に増加と順調に成長しています。
2018年、第3・四半期決算(7─9月)は、純利益が30%増加し、市場予想を上回った。
純利益は233億元。
売上高は24%増の806億元(115億9000万ドル)
過去約3年間では最も低い伸び率。

2018年に入り、今までのような急成長は無く、売上高は鈍化しつつあります。

Revenue=売上高 Gross Profit=粗利益
profit for the year=当期利益
total assets=総資産 total liabilities=総負債

テンセント・ホールディングス売上高の構成比率
f:id:osamu-i17811:20181222113219j:plain
売上高の8割近くがSNSとオンラインゲームの売上によるものですね。

2017年迄は、グロース株らしく売上高は年々伸びていますね。テンセント・ホールディングスは、まさに中国の経済成長の象徴のような企業です。

営業CFや配当支払
f:id:osamu-i17811:20181222113345j:plain
営業CFは年々増えています。
配当は2011年より支払開始し、毎年増配しています。連続増配は今年も増配しているなら7年連続。営業CFに対しての配当性向6%と今後も余裕で配当支払が可能ですね。

capital expenditure paid(固定資産税、資本支出)
dividends paid=配当金の支払

黒猫の投資判断

TME株の財務諸表は特に悪いところもなく、順調に成長しています。グロース株は成長が止まったり、停滞すると株価も大幅に下がることもありますから、投資するなら、株式上場初期から投資して、大きなリターンを得ることが大切です。
もちろん、失敗する可能性もありますが。

一発当たれば、本家テンセント・ホールディングスのような大幅な株価上昇も見込まれますから、夢がありますね!
長期で保有して、キャピタルゲインを掴むには面白い銘柄です。

本家のテンセント・ホールディングスを今から買うのも有りですね。毎年、配当額を増配させてますし、配当狙いなら本家のテンセント・ホールディングスを買いましょう。

テンセントのようなIT企業なら貿易戦争の影響は、それ程受けないと思います。
ほぼ中国人専用のIT企業ですからね。


こちらは、テンセントのライバル企業アリババグループについて考察した記事になります。
www.kuroneko.work

マネックス証券、TME株の新規取扱開始!
TME株へ投資するならマネックス証券。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株