黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【TWTR】冴えない株価、Twitter株を考察。

f:id:osamu-i17811:20190211111611p:plain
黒猫です。

黒猫は普段、バリュー株の長期投資を心掛けて、米国株の資産運用しています。

だからといってグロース株やタイミング投資が嫌いではありません。
今でも現状の投資方法が最適か、迷いや葛藤があるのも事実です。
短期間に儲ける手段としては、グロース株をタイミングよく購入し集中投資が最も手っ取り早く資産を増やせます。

その代わりに当然リスクは高くなるので、負けた時の損失も大きくなりますね。
タイミングの集中投資はもはやギャンブル。投資ではなく投機になります。
ですから、
素人が株式投資というプロも参戦している戦場で、できる限り勝ち残る手段として、バリュー株の長期投資は有効だと信じ投資しています。
ジェレミー・シーゲル教授の著書「株式投資の未来」は勇気づけられる本です。

Twitter

ティッカー TWTR
企業名 Twitter
最新株価 30.01ドル
配当利回り 無配
PER 19.24
EPS 1.56

Twitter株価推移
f:id:osamu-i17811:20190211092733j:plain
上場以来低迷したTwitter株価。2017年より株価は上昇傾向にある。
しかし、SNS業界のFacebookとは随分と差がつけられた株価となった。

Facebookの時価総額44兆円
Twitter時価総額2.5兆円

グロース株なのに長期間に渡り冴えない株価で低迷したTwitterの株価。

Twitter四半期決算17年9月〜18年9月

f:id:osamu-i17811:20190210100153j:plain
f:id:osamu-i17811:20190210100253j:plain
f:id:osamu-i17811:20190210100335j:plain

売上高推移

f:id:osamu-i17811:20190211090237j:plain
出典:Stockclip
2018年12月決算で、
売上高は前年比25%増の30億4235万ドルと、過去最高を更新。広告収入が好調だったほか、企業向けのデータサービスも伸びた。

純利益が12億559万ドル(約1300億円)と、13年の上場以来、通期で初の黒字となった。前年は1億806万ドルの赤字だった。 

順調に広告収入は増えており来年度も増収増益が期待されます。

しかし、
好調な売上とは反対に、18年10~12月期の世界月間アクティブユーザーは、平均3億2100万人と、7~9月期と比べ500万人減った。
月間アクティブユーザーが減少した理由は、不正アカウントやボット、スパムの排除によるもので、ユーザーのTwitter
離れによるものでは無いとのこと。

更に、今後は毎月のアクティブユーザーの公開を止めると発表した。
代わりに今後は、より収益化が見込める
デイリーアクティブユーザー数を発表するとした。
この発表は悲観され、2019年度も引続き不正アカウント対策費用等で収益が圧迫されるとの見通しでTwitterの株価は1日で約10%下落した。

日本人はTwitter大好き?

好調な日本事業の売上推移

f:id:osamu-i17811:20190211090957j:plain
出典:Stockclip
Twitterにとって日本はアメリカに次ぐ2番目に大きな市場。

個人的にはTwitterは他のSNSと違ってリアルタイムで今何が注目されているのか知る手段としては便利だと思います。

ツイートしなくて、読むだけって人もかなりいると思う。

株価推移を見直すと2017年頃が底ですね。この頃にタイミングよく投資出来たら正解でした。
でも、今から投資してもそんなに悪くない株だと思います。
理由としては、増収増益で黒字化を達成しているし、今後も広告収入が伸びていくはず。
月間アクティブユーザーの減少は不正アカウントの排除が主な理由ですからね。

SNS業界は参入障壁も低くライバルも現れやすく今後も安定的に収益が見込めるか未知数だから長期投資には向かないという意見もありますが、どうなんでしょうね。
Facebookほどの巨大企業となれば新興のSNSアプリ企業が現れても買収して乗っ取れば良いわけです。
現にInstagramはFacebookに買収されています。

ですが、Twitterはそこまでの企業規模では無いから心配な点ですね。
逆に買収される可能性もありますね。
まあ、
買収されるなら株主的には悪い話では無い。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株