黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【BGS】B&G Foods株の考察。【米国食品会社】

f:id:osamu-i17811:20190218124757p:plain
黒猫です。

2019年に入りまして、米国市場の株価は絶好調ですね!株価がぐんぐんと上がっています。

黒猫の米国株の含み損もピーク時と比べると随分と減って気分も楽になりました。
しかしその代わりにお手頃価格の株も少なくなって次にどの株を買うべきか悩みどころです。

無難にMOやBTI、AT&T、ABBV株に配当再投資するべきか新規の株に投資すべきか悩みます。

そんな訳で、高配当の株がないか色々探している訳です。

今回は、米国の加工食品会社の【BGS】B&G Foods株を考察してみました。もちろん高配当株です。

【BGS】B&G Foodsとは

B&Gフーズとは、125年の歴史を持つ老舗の加工食品会社。
グリーンジャイアントなど50以上の食品ブランドを持つ。
米国、カナダ、プエルトリコで食品の販売に従事。

ティッカー BGS
企業名 B&G Foods
時価総額 2000億円
配当利回り 7.25%
連続増配 8年
PER 9.15
EPS 2.87
配当支払日 1/30・4/30・7/30・10/30
配当基準日 12/31・3/31・6/30・9/30

BGS株を配当再投資した場合のトータルリターン

1年間 -14.07%
3年間 -4.91%
5年間 3.58%
10年間 23.30%

10年間愚直に配当再投資したら年平均23%ものリターンがありました!
今後も同じようなリターンがあるか未知数だけど、過去のリターンは素晴らしい結果ですね。


BGS株の株価推移

f:id:osamu-i17811:20190218115418j:plain
過去5年間の株価推移
株価は他の食品会社の株価同様、下降トレンドです、しかし最近底打ちが見られつつある。

BGS株 財務諸表

2013年〜2017年 決算推移
f:id:osamu-i17811:20190218113814j:plain
f:id:osamu-i17811:20190218113839j:plain
f:id:osamu-i17811:20190218113858j:plain

2017年9月〜2018年9月 四半期決算
f:id:osamu-i17811:20190218113959j:plain
f:id:osamu-i17811:20190218114023j:plain

2018年9月 6月 3月 2017年12月 9月
営業利益率 16.54% 10% 13% 8% 18.6%

売上高は2017年をピークに減少していますね。フリーキャッシュフローも少なくて少し心配な決算内容です。

主な米国食品会社の時価総額比較

ティッカー 企業名 時価総額
1 MDLZ モンデリーズ 7兆6600億円
2 KHC クラフトハインツ 6兆4000億円
3 GIS ゼネラルミルズ 3兆円
4 K ケロッグ 2兆1500億円
5 TSN タイソンフーズ 2兆350億円
6 CPB キャンベルスープ 1兆1000億円
7 BGS B&Gフーズ 2000億円

大手の米国食品会社と比べると、B&Gフーズは企業規模が小さいことがわかります。

黒猫の投資判断

BGS株は他の米国食品会社と比べると企業規模が小さく、資本力も劣っていますね。高配当は魅力的ですが、減配のリスクもありえます。
2019年2月26日に第4四半期決算が発表されますから、決算に注目しましょう。

リスクは高いが、過去のリターンは素晴らしいです。
多少のリスクなんて気にしない、とにかく高配当が欲しい人ならオススメします!
株価も安く配当再投資するなら面白い銘柄ですね。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株