黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【米国】次の投資先銘柄の考察【高配当株】

黒猫です。

日本株の短期投資として、次に東洋炭素株を検討中でしたが中止することにしました。

よくよく考えてみたら、100株程度買ったところで、含み益10%なら、+2万円程度。

下がるリスクを考慮すると割に合わないと思い中止することに。

その代わりに、
売却資金は米国株の長期投資の資金として活用します!

早速ですが、3つ程検討中の新規銘柄を紹介します。



検討中の新規銘柄一覧

コカ・コーラ

f:id:osamu-i17811:20190310130634j:plain

KO The Coca-Cola Company
時価総額 21兆円
配当利回り 3.53%
連続増配 56年
PER 28.56
PBR 11.29

f:id:osamu-i17811:20190310094148j:plain

年度 2014 2015 2016 2017 2018
D/Eレシオ 0.63 1.11 1.29 1.83 1.49

バフェット銘柄であり、米国株長期投資家にも大変人気のある銘柄です。

連続増配は56年の配当王!

更に積極的な自社株買いもされていますね。
売上高が減少中なのが気になりますが、営業キャッシュフローマージンは非常に高くて素晴らしい企業です。
新興国需要が伸びれば売上高も再び上昇するか?



クリアウェイ・エナジー

f:id:osamu-i17811:20190310103603j:plain

CWEN Clearway Energy Inc
時価総額 3160億円
配当利回り 5.42%
連続増配 4年
PER 21.41
PBR 1.57

クリアウェイ・エナジーとは、2012年設立の電力会社。再生可能エネルギーの風力と太陽光発電に加え、天然ガス火力発電設備も有する。
28の州に電力資産を有し、500人を超える従業員、約270万戸の住宅に電力を供給する。

f:id:osamu-i17811:20190310105434j:plain

年度 2014 2015 2016 2017 2018
D/Eレシオ 3.15 2.48 2.93 3.16 2.99

営業キャッシュフローマージンがとても高い高収益企業です。
しかし、
D/Eレシオ比率を見ると資本より負債が多くて若干リスキーな銘柄ですね。

DEレシオ(D/Eレシオ)とは、「負債資本倍率」とも呼ばれ、企業財務の健全性(安全性)を見る指標の一つ。
負債(Debt)が株主資本(Equity)の何倍に当たるかを示す数値(倍率)をいいます。
1倍を下回ると財務が安定しているとされます。

※H31 3/15 追記 
2019年より減配されています。電力供給先の破産(PG&E社)が原因とのこと。
1株当たり0.331ドルから、0.20ドルに引き下げられました。連続増配銘柄ではありません。



PPLコーポレーション

f:id:osamu-i17811:20190310115332j:plain

PPL PPL Corporation
時価総額 2兆6千億円
配当利回り 5.13%
連続増配 7年
PER 12.4
PBR 1.98

PPLコーポレーションとは、ケンタッキー州、ペンシルバニア州および英国に電力を供給する米国の電力会社。
米国と英国の1000万人以上の顧客に、エネルギーサービスを提供する。
クリアウェイ・エナジーと比べるとPPLは、相当大きな電力会社ですね。

f:id:osamu-i17811:20190310120556j:plain

年度 2014 2015 2016 2017 2018
D/Eレシオ 1.38 1.87 1.79 1.84 1.72

PLLも営業キャッシュフローマージンが高くて安定しています。D/Eレシオでは、クリアウェイ・エナジーより負債も少ないことがわかりますね。




まとめ

今回は新規で買ってみたい銘柄を3つ程紹介させて頂きました!

選択基準は配当利回りが3%以上であることと連続増配、営業キャッシュフローマージンが高い企業で選んでいます。

それら基準に加えて、一株の株価が安い銘柄を選んでいます。
なるべく多くの株数を買いたいから、安い株を選んでみました。

まだまだ他のセクターでも買いたい銘柄はあります。
今回は3銘柄の紹介とさせて頂きます。

無数の株から1つの銘柄を選ぶのは、とても悩みます。
しかし、
このような悩みが個別株の面白いところでもありますね。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株