黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【超高配当ETF】Direxion Zacks MLP High Income ETF【ZMLP】

f:id:osamu-i17811:20190323100714j:plain
黒猫です。

今回は以前紹介した、MLP(マスターリミテッドパートナーシップ)のNGL Energy Partners LP株の、ETF版であるZMLPの銘柄考察をしてみました。

MLP(マスターリミテッドパートナーシップ)の個別株については下記記事にて紹介しています。
www.kuroneko.work

改めてMLPとは何でしょうか?

MLPとはMLPとはMaster Limited Partnership(マスター・リミテッド・パートナーシップ)の略称。
MLPの魅力としては、相対的に高い配当収益が挙げられます。多くのMLPは高い成長が期待されるエネルギー関連事業を行なっており、また、MLPでは現在の事業の運営に必要のない全ての収益については配当としてユニット・ホルダーに分配しなければならないと定められているため、相対的に高い配当収益が期待されているわけです。この点は、日本の不動産投資信託(REIT)に似ています。

出典:投信資料館


【ZMLP】Direxion Zacks MLP High Income ETF

ティッカー ZMLP
名称 Direxion Zacks MLP High Income ETF
配当利回り 11.85%
経費率 0.65%
組入れ銘柄数 25
配当支払月 1月 3月 6月 10月
配当権利確定月 3月 6月 9月 12月

ZMLPは、米国のMLP(マスターリミテッドパートナーシップ)のETF。
ETF組入れ銘柄は25組。
ETFにしては、組入れ銘柄が少ない。
しかし、
個別株のMLPと比べるとZMLPは、25銘柄に分散されているから、当然個別株のMLPよりリスクは低い。
その代わりに個別株では必要のない経費が掛かりますね。

経費率も昨今の低コストETFと比べると0.65%と高めですね。

よりリスクを取ってでもインカムゲインを求めるならMLPの個別株を、少しでもリスクを減らしたいならETFのMLPを選択することが出来ます。

Top 10 Holdings
組入れ上位銘柄 ティッカー
NGL Energy Partners LP NGL 4.48%
Teekay LNG Partners LP TGP 4.47%
USA Compression Partners LP USAC 4.34%
Western Midstream Partners LP WES 4.28%
Black Stone Minerals LP Partnership Units BSM 4.25%
BP Midstream Partners LP BPMP 4.21%
Buckeye Partners LP BPL 4.16%
Plains All American Pipeline LP PAA 4.14%
Energy Transfer LP ET 4.06%
Crestwood Equity Partners LP CEQP 4.04%
投資先国
アメリカ 88.97
バミューダ 7.27
マーシャル諸島 3.76
株価推移

f:id:osamu-i17811:20190323095347j:plain
過去5年間の株価推移
株価推移はご覧の通りキャピタルゲインは全く期待出来ません、2014年の設立以来、株価は少しづつ下がり続けています。
完全にインカムゲインを求めるETFです。
ある程度株価が下がっても高配当だから、長期投資として保有するなら、投資元本は充分に回収出来ますね。

アーリーリタイアを目指すなら保有株のトッピングとして面白いETFです。

当然ですが、設立以来無配は一度もありません。減配はありますね。

連続増配の高配当株と比べてどちらが良いのか悩み処ですね。
超長期なら連続増配株が優勢かと思いますが、個別株よりリスクが分散されている分、こちらのETFは安心感がありますね。

全くリスクが無いかと言えば、そうでは無く、石油業界に属するETFだから、石油業界が廃れたりテロ、戦争の影響を受ければリスクも高まりますね。

現状、個別株のMLP(マスターリミテッドパートナーシップ)へ日本の証券会社からは投資出来ませんが、こちらのETFなら日本の証券会社(マネックス証券など)から投資出来ますね。

黒猫も日本の銀行株から、こちらに乗り換えようかな。

本日の株式用語

ETF(上場投資信託)
ETFとは、株式のように証券取引所の取引時間中はいつでも売買が可能で、かつ投資信託のように複数の銘柄に分散投資をすることができます。 株式と投資信託の特徴を持つ。
その商品性と使い勝手の良さから機関投資家・個人投資家問わず多くの投資家に活用され、2017年12月末現在、世界の証券取引所には6,300以上のETFが上場し、純資産残高はおよそ4.7兆米ドル(約536兆円*)規模にまで拡大しています。

BlackRock社より引用



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株