黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

キャッシュレス決済のポイント還元に備えよう。【節税対策】

f:id:osamu-i17811:20190330104421p:plain
黒猫です。

2019年、10月からの消費税増税に伴う経済対策として、政府はキャッシュレス決済のポイント還元策を予定しています。
ポイント還元期間は10月から9ヶ月間を予定しています。
要は消費税増税に伴う景気悪化を懸念した、減税対策です。

という訳で今の内からキャッシュレス決済に慣れておきましょう。
ちょっとしたコンビニの支払いでもキャッシュレス決済を使ってみよう。慣れれば思いの外簡単です。

日本は他の国々と比べてお店や飲食店のお会計時に、まだまだく現金で支払いする文化が根強いです。
これは、日本円の価値や品質が高くて偽札も少ないから現金で支払う文化が根強いと言われていますね。

キャッシュレス決済と言っても様々な方法がありますね。昔からあるクレジットカード決済、電車通勤するなら交通系ICカードによる決済などですね。

既存の方法に加えて更に、
今現在最も注目度が高いキャッシュレス決済は、なんと言ってもスマホアプリ決済でしょうか。
スマホアプリの決済方法はQRコード・バーコードを読み取って支払する方法。

これはスマホさえ持っていれば誰でも手軽に支払うことが出来る為に、企業側としても導入コストが安く付くメリットもありますね。

導入方法はiPhoneならApp Store、AndroidスマートフォンならGoogle Playから其々ダウンロード。

今や1人1台が当たり前のスマートフォン。当然携帯各社もスマホ決済市場に参入します。

ソフトバンクなら「PayPay」

f:id:osamu-i17811:20190330095439j:plain
昨年末の100億円還元キャンペーンで一躍世間の注目度を上げたのがPayPay。

現在は100億円キャンペーン第二弾を実施中。

ソフトバンク系列だからYahooカードを使うならTポイントが多く貯まるPayPayが有利。


NTT(ドコモ)なら「ドコモd払い」

f:id:osamu-i17811:20190330095503j:plain
ドコモユーザーならdポイントも貯まるからドコモd払いが有利。


KDDI(au)は楽天と提携したスマホアプリ決済を導入予定。
携帯市場に新規参入する楽天は「楽天Pay」

f:id:osamu-i17811:20190330095524j:plain
普段楽天カードを使用するなら楽天ポイントが多く貯まる楽天Payが有利。

楽天Payも現在、ポイント40倍キャンペーンを実施中。
キャンペーン期間は、(2019年3月25日10:00~2019年4月8日9:59)迄。


キャッシュレス決済でも、各社の熾烈なシェア争いが繰り広げられます。

普段ご使用のクレジットカードによってポイント還元率も変わるから、
それらを考慮して、どのスマホ決済を利用するのか考えて利用しましょう。

更に、大手の銀行もキャッシュレス決済市場に参入予定とのこと。

また、iPhoneでお馴染みのAppleもカード事業に参入予定など2019年はキャッシュレス決済元年となりそうな雰囲気。

大手のスマホ決済なら、どのスマホ決済方法を使用しても政府のポイント還元は行われる予定となるはずです。

大切なことは、今からスマホ決済を利用して慣れておくことで10月からのポイント還元に素早く適応して、少しでも節税しましょう。

スマホ決済の使い方が分からない人や面倒な人、クレジットカードを所持していない人には、プリペイドカードでポイント還元する方法も政府は検討中とのこと。

黒猫的には、これ以上の消費税増税は勘弁して欲しいところですが、今後も社会保障費の増大や人口減少問題など様々な問題を抱えた日本国。
増税の負担を少しでも回避する為にも、キャッシュレス決済で節税しましょう。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株