黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【HP】Helmerich&Payne株の考察【石油ガス採掘会社】

f:id:osamu-i17811:20190504114929j:plain
黒猫です。

新たに有望な高配当株がないかと探していたら、連続増配46年の高配当株があったので紹介します。

見つけた会社は、Helmerich&Payne。
変わった名前の会社ですね😮
ヘルマリック・アンド・ペインと読むそうです。
Helmerich&Payneとは、1920年創業の米国の石油ガス採掘会社。

主な事業内容は、石油ガス採掘用のドリル(リグ)の製造販売と採掘の請け負い事業。
リグの品質では世界トップクラスを誇る。

Helmerich&Payneの業績を、見てみましょう。

Helmerich&Payneの業績

ティッカー HP
会社名 Helmerich&Payne
最新株価 57.55
過去最高値 116
配当利回り 5.01%
連続増配 46年
時価総額 7007億円
予想PER 36.36
PBR 1.44
業績の推移

f:id:osamu-i17811:20190504115227j:plain
業績推移
f:id:osamu-i17811:20190504115259j:plain
2016から2017年は急速に業績が悪化していますね。一体何があったのでしょうか。

業績の悪化は石油価格の暴落によるものか

f:id:osamu-i17811:20190504130836j:plain
石油価格の推移
2015年から2017年にかけて石油価格が大幅に下落しています。
現在は1バレル60ドル前後で安定していますね。

四半期決算2018,3月~2019,3月比較
2019年3月 2018年12月 2018年3月
売上高 720868 740598 577484
営業利益 95146 54289 -1164
純利益 60891 18959 -11879
地域別売上高 第2四半期比較
売上地域 2019 2018 増減
米国内 1246445 944369 +24.2%
海外 117095 115673 +1.22%
沖合、 海上作業 71493 66349 +7.2%
HPテクノロジー部門 20061 9149 +54.4%

売上の殆どは米国内の事業によるもの。

2018年と2019第1四半期では悪化した業績が急速に回復していますね。
良い傾向です。

f:id:osamu-i17811:20190504121056j:plain
営業キャッシュフローマージンも非常に高くて良好です。

まとめ

2016年からの業績悪化は急速に回復しつつあります。
決算の悪かった2016年と2017年でも、しっかりと増配していますから、配当目的の投資なら信頼出来る投資先ではないでしょうか。

連続増配46年の実績は素晴らしいものですね。

再生可能エネルギーの普及が進むに連れて、石油やガスの消費量が減少すると考えがちですが、新興国を中心に世界人口は増えています。
ですから、今後も石油やガスのエネルギー資源が必要不可欠かと思います。

しかし、
石油価格の上下動で業績が良くなったり悪くなったりして、株価も大きく変動してしまう点は欠点ですね。

少し古い資料ですが年々、世界のエネルギー消費量は伸びていますね。

f:id:osamu-i17811:20190504124700j:plain
出典:経済産業省・資源エネルギー庁
国際エネルギー機関によると、世界の1次エネルギー消費量は、2015年から2030年にかけて年平均1.2%〜1.8%で拡大する見込みとのこと。

石油やガスの消費量推移を確認する限りでは、
これからの10〜20年は投資先として安泰かと思います。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株