黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

7月の買いたい株筆頭はAbbVie(アッヴィ)株か

f:id:osamu-i17811:20190613184511j:plain
黒猫です。

早速ですが、7月の購入株として【ABBV】アッヴィ株を検討しています。
7月まで我慢出来ずに6月中に、少ないボーナスで買ってしまうかも知れません😅

実際には、他にも買いたい株もあるし、株価が高すぎて買えない高嶺の花のような株もありますね。

現時点では【ABBV】アッヴィ株を狙っています。

【ABBV】アッヴィ株に狙いを定めた理由

AbbVie(アッヴィ)社の代表的な治療薬と言えば、関節リウマチ治療薬のHumira(ヒュミラ)。
実に全売上高の58%を誇る大黒柱の治療薬。
f:id:osamu-i17811:20190613180141j:plain
そのHumira(ヒュミラ)の後継薬の評判が良く、早ければ今年の第3四半期にはFDAの承認が下る予定です。
こちらの記事では、治験段階中の治療薬の中でも最も価値のある治療薬として、堂々の第二位にランクイン。
finance.yahoo.com

記事では、今年承認されたばかりの治療薬のSkyriziと共にフェーズ3治験中の、upadacitinib(ウパダシチニブ)が2024年代までに年間売上高25億ドル稼ぐと試算。

Humira(ヒュミラ)に代わる新薬のSkyriziとupadacitinib(ウパダシチニブ)は、Humira(ヒュミラ)の売上低下問題を解決する鍵となる治療薬として大変期待されています。

医療業界のことはよく分かりませんが、Humira(ヒュミラ)の特許切れが問題視され株価も下落トレンドでした。
不安材料が消え去り、業績も回復したら、再度株価も上がり始めるはずです。

ただし、あくまでも仮定の話。実際、無事承認されるまでは安心は出来ません。

更に、米中貿易摩擦問題や世界経済の景気後退が株価の重しとなり株価の先行きが見通せません。

景気の先行きを完璧に読むことは不可能だから、定期的な積立投資で徐々に資産を増やせて行ければいいなと思います。

現時点のAbbVie(アッヴィ)社の業績はまずまずですね。特別悪すぎでは無い。

f:id:osamu-i17811:20190613182427j:plain
営業キャッシュフローマージン推移
営業キャッシュフロー推移を見ても分かるように高収益企業で配当性向にも余裕があります。

このような企業の株をコツコツと買い増し株数を増やす。

株数が増えて行けば、雪だるま式に配当金も徐々に増えて行きます。

長期の積立投資は亀のようにゆっくりで、成果が現れるまで時間を要します。

定期的に訪れる高配当株の配当は単純に嬉しいし、投資を継続するためのモチベーションアップに繋がりますね。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株