黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

バンガード社ETFの経費率値下げと他社ETFとの比較

f:id:osamu-i17811:20190615102337j:plain
黒猫です。

低コストETFで有名なバンガード社がまたやってくれました。
現時点でも、屈指の経費率の安さを誇るETFが更に安くなりました!(5月発表の情報です。)

他社のETFと比べてどの程度安いのか、まとめてみました。
(マネックス証券で買える主なETFの比較です)

今回、経費率が安くなったETF一覧
ETF 経費率
バンガード米国トータル債券市場ETF(BND) 0.05%→0.035%
バンガード・FTSE先進国市場ETF(VEA) 0.07%→0.05%
バンガード・米国ミッドキャップETF(VO) 0.05%→0.04%
バンガード・S&P500 ETF(VOO) 0.04%→0.03%
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI) 0.04%→0.03%
バンガード・米国バリューETF(VTV) 0.05%→0.04%
バンガード・米国グロースETF(VUG) 0.05%→0.04%
バンガード・米国ラージキャップETF(VV) 0.05%→0.04%
バンガード・米国エクステンデッド・マーケットETF(VXF) 0.08%→0.07%

経費率比較

S&P 500 ETFの比較
ETF 経費率 運用会社
VOO 0.03% バンガード
IVV 0.04% ブラックロック
SPY 0.09% ステート・ストリート

バンガードの経費率が最も安いです。
S&P 500 ETFに投資するなら他社のETFを選択するメリットはなし。
バンガードが最も後発だから価格も攻めていますね。
過去10年間のS&P500ETFの年率リターンは約14%

VOO組入れ上位銘柄 %
マイクロソフト 4.06%
アップル 3.65%
アマゾン 3.22%
フェイスブック 1.87%
バークシャーハサウェイ 1.65%
JPモルガンチェース 1.53%
J&J 1.53%
アルファベット(GOOGL) 1.48%
アルファベット(GOOG) 1.46%
エクソンモービル 1.38%


トータル・ストック・マーケットETFの比較
ETF 経費率 運用会社
VTI 0.03% バンガード
SPTM 0.03% ステート・ストリート

どちらも同じ経費率ですね。日本では圧倒的にVTIが有名で人気です。
また、投資信託で買うなら楽天全米株式インデックス(楽天VTI)がVTIベースの商品。楽天VTIの信託報酬は0.1696%

2009年から2019年までのトータルリターンの比較では、VTIが279%(年平均14.2%)SPTMが275%(年平均14.1%)

VTI組入れ上位銘柄 %
マイクロソフト 3.38%
アップル 2.87%
アマゾン 2.71%
フェイスブック 1.55%
バークシャーハサウェイ 1.39%
JPモルガンチェース 1.29%
J&J 1.27%
アルファベット(GOOGL) 1.21%
アルファベット(GOOG) 1.19%
エクソンモービル 1.15%
米国バリューETFの比較
ETF 経費率 運用会社
VTV 0.04% バンガード
SPYV 0.04% ステート・ストリート

ステート・ストリートはS&P 500のバリュー株ETF、一方バンガードは全米株式の大型バリュー株ETF。
ですから厳密には同じバリュー株でも異なる商品です。
2009年から2019年までのトータルリターンの比較では、VTVが245%(年平均13.2%)SPYVが216%(年平均12.2%)

VTV組入れ上位銘柄 %
バークシャーハサウェイ 3.41%
JPモルガンチェース 3.11%
J&J 3.03%
エクソンモービル 2.74%
P&G 2.15%
バンクオブアメリカ 2.14%
シスコシステムズ 1.98%
ベライゾン 1.90%
ファイザー 1.89%
インテル 1.85%
米国グロースETFの比較
ETF 経費率 運用会社
VUG 0.04% バンガード
SPYG 0.04% ステート・ストリート

2009年から2019年までのトータルリターンの比較では、VUGが316%(年平均15.3%)SPYGが335%(年平均15.8%)

VUG組入れ上位銘柄 %
マイクロソフト 7.66%
アップル 6.51%
アマゾン 6.15%
フェイスブック 3.53%
アルファベット(GOOGL) 2.74%
アルファベット(GOOG) 2.20%
ビザ 2.20%
マスターカード 1.77%
ホームデポ 1.76%
ボーイング 1.55%
米国ミッドキャップ(中型株)ETFの比較
ETF 経費率 運用会社
VO 0.04% バンガード
IJH 0.07% ブラックロック

こちらはバンガードが圧倒的に低コストです。
2009年から2019年までのトータルリターンの比較では、VOが289%(年平均14.5%)IJHが270%(年平均14%)

VO組入れ上位銘柄 %
ローパーテクノロジーズ 0.85%
ワールドペイ 0.80%
ファイサーブ 0.79%
ムーディーズ 0.73%
レッドハット 070%
ザイリンクス 0.69%
アンフェノール 0.68%
ツイッター 0.66%
ONEOK 0.64%
ダラー・ツリー 0.57%
米国ラージキャップ(大型株)ETFの比較
ETF 経費率 運用会社
VV 0.04% バンガード
SPLG 0.03% ステート・ストリート

ラージキャップETFではステート・ストリートが若干安いです。
2009年から2019年までのトータルリターンの比較では、VVが278%(年平均14.2%)SPLGが275%(年平均14.1%)

VV組入れ上位銘柄 %
マイクロソフト 3.92%
アップル 3.33%
アマゾン 3.14%
フェイスブック 1.80%
バークシャーハサウェイ 1.65%
JPモルガンチェース 1.51%
J&J 1.47%
アルファベット(GOOGL) 1.40%
アルファベット(GOOG) 1.38%
エクソンモービル 1.33%

まとめ

S&P500ETFを買うならバンガードのVOOが最も低コストで安い。

その他のETFでは、今回の経費率の値下げでステート・ストリート社のETFとほぼ並びましたね。

ちなみに経費率0.03%で投資額100万円なら年間コスト300円ですから、とても安い。

グロース株やバリュー株のETFは景気サイクルを意識して投資する手間が必要になります。
その点、どんな景気サイクルでも安定したリターンが見込めるS&P500ETFのVOOやVTIは長期投資先として安心感がありますね。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株