黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【WRK】ウェストロック株の考察

f:id:osamu-i17811:20190703200809j:plain
黒猫です。

今回は、黒猫も投資を検討している、【WRK】ウェストロック(WestRock Company)株を考察してみました。

ウェストロック(WestRock Company)とは

ウェストロック社とは、米国のアトランタに本社を置く包装(パッケージング)を専門に取り扱う企業。
包装業では全米2位のシェアを持つ。
段ボール包装事業や一般消費財包装事業が主な事業内容。

f:id:osamu-i17811:20190703181553j:plain
様々な包装製品群と製造機器
2018年KapStone社を約5000億円で買収し、更にシェアを拡大中。

ティッカー WRK
社名 WestRock Company(ウェストロック)
時価総額 約1兆円
配当利回り 4.89%
連続増配 6年
予想PER 8.63
ウェストロック株の株価推移や業績
株価推移

f:id:osamu-i17811:20190703193521j:plain
2018年2月に最高値71$を付けてから株価は下降トレンドで冴えません。
いわゆる、高配当のバリュー株と呼ばれる水準です。

業績推移

f:id:osamu-i17811:20190703184746j:plain
売上高は年々右肩上がり。
営業利益率はそれ程高くはありませんね。
f:id:osamu-i17811:20190703190203j:plain
f:id:osamu-i17811:20190703192755j:plain
f:id:osamu-i17811:20190703192815j:plain
2016年の赤字になった年を除いて、配当性向はまだまだ余裕がありますね。
増配余地は充分ありそうです。

考察まとめ

現在の株価は2018年当時と比べれば、ずいぶんと割安感があり、バリュー株として投資する価値は充分ありそうです。

ただし、個別株特有のリスク(決算ミスなど)は当然ありますから、投資に際しては自己責任でお願いします。

ウェストロック株の配当利回りが4.89%、ETFのSPYDの配当利回りが4.8%とほぼ変わりません。
安全性を重視するならSPYDが無難です。

ただし、このウェストロック社、なかなか将来性が有りそうですね。
こらからの時代、宅配需要は衰えることはありません、ますます盛んになることでしょう。段ボールの需要は当然伸びることでしょうね。

またプラスチックゴミ問題は今、世界では大変深刻な問題として各国がプラスチックやビニールゴミの削減を思案しています。
ビニールのパッケージから紙パッケージに回帰する風潮もあり、ウェストロック社にとっては追い風となりえます。


⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株