黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【HBI】Hanesbrands(ヘインズブランド)株の考察【米国アパレルメーカー】

f:id:osamu-i17811:20190710210949j:plain
黒猫です。

今回は米国のアパレルメーカー、Hanesbrands(ヘインズブランド)についての銘柄考察と投資判断を記載しています。
よかったらご覧下さい。

Hanesbrands(ヘインズブランド)とは

Hanesbrandsとは米国の老舗アパレルメーカー。本社をノースカロライナ州ウィンストンセーラムに置く。男性、女性、子供向けのさまざまなベーシックアパレルをデザイン、製造、調達、販売する。主にインナーウェア、アクティブ(スポーツ)ウェアに特化したアパレル企業。
下着や靴下などベーシックアイテムに特化することで買い替え需要も見込め安定した収益が見込めます。値段もお手頃で庶民の味方ですね。
主なアパレルブランドはHanes(ヘインズ)、Champion(チャンピオン)。
黒猫もヘインズブランドのインナーTシャツを持っていますが、綿100%で生地も丈夫だから何度も洗濯して使えて値段の割に高品質だから、買って良かったと思えたTシャツでした。
日本のAmazonでもヘインズのTシャツが安く売っています。オススメですよ😃

販売地域は米国を中心にヨーロッパ、オーストラリア、アジア、ラテンアメリカ、カナダ、中東、アフリカと多岐に渡る。

ティッカー HBI
会社名 Hanesbrands Inc(ヘインズブランド)
時価総額 6700億円
配当利回り 3.49%
予想PER 9.61
株価推移

f:id:osamu-i17811:20190710182349j:plain
株価推移は2015年4月に最高値34.8ドルを付けて以来下落トレンドです。
2019年に入り底打ちの兆候も見られます。

f:id:osamu-i17811:20190710190018j:plain

キャッシュフロー推移

f:id:osamu-i17811:20190710192632j:plain
2016年、投資CFの大幅増はチャンピオンブランド買収によるもの。
チャンピオン買収でアクティブ(スポーツ)ウェア部門の売上が大幅に伸びています。

f:id:osamu-i17811:20190710195202j:plain
営業CFマージンは10%前後ですが、アパレルメーカーならこんなもんではないでしょうか。

2019年第1四半期決算比較
第1四半期決算 2019年3月 2018年3月 増減
売上高 1588024 1471504 +7.9%
営業利益 148038 146058 +1.4%
純利益 79482 79409 +0.1%
EPS 0.22 0.22 ±0%

2018年第1四半期と比べても売上高は上昇しています。
特に国際セグメントの売上高は13%増と好調で、営業利益は20%増加。
またアクティブウェア部門も前年同期比17.1%増と好調です。

製品別売上比率

f:id:osamu-i17811:20190710202618j:plain
米国内の売上が約59%
米国以外の地域売上が41%


投資判断まとめ

主にインナーウェア販売のアパレルメーカーだから、今後も安定した売上が見込めます。また、米国以外の売上が伸びており、世界人口の増加は同社にとって追い風と言えます。
創業100年以上の老舗ブランド力は特に米国の消費者には信頼されていることでしょう。
下着は買い替え需要が高いし、流行り廃りが少なくて安定感がありますね。

株価もずいぶんと安くなった今なら割高感も無いし長期で投資する銘柄として面白そうですね。

配当は増配傾向で配当性向もまだまだ余裕があります。

f:id:osamu-i17811:20190711072711j:plain
配当支払履歴
配当は2013年より支払開始し、2017年から増配はストップしていますが、全体的な流れは増配傾向の株です。

ヘインズブランドが好きだったり、アパレルメーカーに投資したいならポートフォリオの1つとして検討してみては、いかがでしょうか。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株