黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

AT&T株【第2四半期決算】タイムワーナー買収効果が本領発揮

f:id:osamu-i17811:20190725143611j:plain
黒猫です。

7月24日、AT&T株の第2四半期決算が発表されました。
高配当株として日本人投資家にも非常に人気のある同社。決算内容も気になります。

決算内容はまずまず良く、決算発表後、株価は前日比3.5%程UP!

では簡単に決算内容を見てみましょう。

Non-GAAP EPSはアナリスト予想89セント対して89セント±0%

売上高はアナリスト予想448億5000万ドルに対して450億ドル+1%

営業CFは、前年比40%増の143億ドル

2019年のフリーキャッシュフローのガイダンスを上方修正→280億ドル

第2四半期決算比較(2019,6月〜2018年,6月)
第2四半期 2019年 2018年 増減
売上高 44957 38986 +15.3%
営業利益 7500 6466 +16%
営業経費 37457 32520 +15.2%
純利益 3974 5248 -24.3%
GAAP EPS 0.51 0.81 -37%

タイムワーナー買収効果が反映されて売上高は大幅増となっていますね。

純利益やGAAP EPSが下がっているのは、タイムワーナーの買収関連費用を計上した為に下がったもので一時的なものです。

負債額減少の推移

f:id:osamu-i17811:20190725115336j:plain
懸念されたタイムワーナー買収後の巨額負債は順調に返済されています。
1,800億ドルから減少し、1,620億ドルとなる。
ただし、1,620億ドルは日本円で17兆5000億円だからまだまだ多い😅

キャッシュフローの比較
2019上半期 2018上半期
営業CF 25336 19176
投資CF -7299 -52635
フリーCF 14731 8217

タイムワーナー買収効果で営業CFとフリーCFは大幅増!

2019セグメント別売上高
売上高 営業利益
モバイル 17512 5833
エンターテイメント 11368 1514
ビジネスワイヤライン 6628 1390
ワーナーメディア 8350 1970
ラテンアメリカ 1757 -221
Xandr部門 485 325
合計 46100 10811

f:id:osamu-i17811:20190725122244j:plain

本業が携帯電話会社だから、まだまだモバイル部門の売上高が圧倒的に強い。
タイムワーナー傘下のワーナーメディアが加わり、今後はエンターテイメント部門とのシナジー効果が更に発揮され、収益力アップが見込まれます。

来年春には、新たに動画サブスクリプションサービスのHBOmaxの新規サービスも予定されています。
この業界はNetflixを筆頭にAmazon、AppleやGoogle、DISNEYも参入する激戦区となっておりAT&TのHBOmaxが成功するかは現時点では分からない。

ただしHBOのコンテンツはゲームオブスローンズなど質の高い番組も多く、頑張って稼いでほしいものです。

今回の決算は悪くなくAT&Tホルダーとしては安心しました😃



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株