黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【BTI】ブリティッシュアメリカンタバコ決算報告で株価UP!【祝】

f:id:osamu-i17811:20190802202421j:plain
BTI株 前日比5.78%UP
黒猫です。

いよいよ黒猫の米国株ポートフォリオの中で最大の保有比率を含むBTIの決算が発表されました!

決算内容は良く前日比5.78%UP!となかなかの上昇となりました😁

BTI株は上昇したものの、他の株、特にアッヴィ株の調子が悪く相殺されてしまいました😅

それでは、BTIの決算内容を見てみましょう。

BTIの第2四半期決算

2019 前年比増減
売上高 12170 +4.6%
営業利益 4380 -1.3%
純利益 2894 +4.2%
調整後EPS 149.3p +8.8%

売上高は4.6%増の121億7000万ポンド
新カテゴリーの電子タバコや加熱式タバコ、ニコチンパウチが売上に貢献。

営業利益はカナダ・ケベック州集団訴訟に関連した費用により相殺されたため、営業利益は1.3%減少。

売上高に占める新カテゴリー(加熱式、電子タバコ、ニコチンパウチ)の比率は従来型タバコと比べるとまだまだ少ない。
しかし、成長率は高く年々売上を伸ばしていますね。
全売上高に対しての新カテゴリーの比率は9.3%程とまだ1割にもみたない。

高成長を続ける新カテゴリーのタバコ製品


加熱式タバコの売上高は4%増の3億100万ポンド

電子タバコの売上高は58%増の1億8,300万ポンド

ニコチンパウチの売上高は289%増の4,700万ポンド

伝統的な経口タバコの売上高は10%増の4億6,300万ポンド

地域別の売上比率
地域 売上高 営業利益(調整後)
米国 4989 2323
アジア太平洋と中東 2405 995
カナダと南米とアフリカ 2015 835
ヨーロッパと北アフリカ 2761 950
合計 12170 5103

f:id:osamu-i17811:20190802144253j:plain

米国での売上が最も多いものの、全世界でバランスよくBTIのタバコが売られていますね。

それにしても、BTI社の販売地域の分類には違和感がありますね。
黒猫の感覚では、米国、アジア、中東、アフリカ、ヨーロッパ、北米と南米地域に分類したくなります。

どうでもいいことですね😅

決算まとめ

売上高やEPSはアナリストの予想を上回る好決算。

従来型タバコの販売数量は減少傾向だが、新カテゴリーの加熱式、電子、経口タバコの販売数量が急成長。

若干の懸念材料はフィリップモリス社のiQOSと比べるとBTIの加熱式タバコgloは、売上や販売台数では相当劣後している点は気になります。これからの巻き返しに期待。

特に悪いところのない決算でした。
今後も配当再投資の対象銘柄として保有を継続します😁



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株