黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

【KRUS】くら寿司が米国で上場したようです。

f:id:osamu-i17811:20190805211845j:plain
黒猫です。

日本の回転寿司チェーンで有名な、くら寿司が米国市場で上場したようです。
info.monex.co.jp
早速マネックス証券でもくら寿司USAの取扱が開始されました!

新規上場後は株価も急騰し、上々な出足となりましたね。

f:id:osamu-i17811:20190805211619j:plain
新規上場株価17ドルから25ドルへ急騰
今回のくら寿司USAは日本のくら寿司とは別会社となり、米国内のみで営業する別部門です。
ですから売上高や営業利益は米国内から計上されたものとなります。

店舗数は、2009年に米国第一号店がオープンして以来、現在、22店舗を展開しているそうです。
たったの22店舗だからまだまだ小さな存在です。その分、成長余地はありグロース株として今のうちに購入するのは面白そうです。

黒猫も回転寿司は好きで、たまに外食で行くこともありますね。
最も近所に存在する回転寿司屋は「はま寿司」だから、はま寿司に行く事が多いですね。
はま寿司は回転寿司屋チェーンの中でも平日は一皿90円と最も安い。

もちろん、くら寿司も何度か行ったことはあります。くら寿司は、一皿100円均一が多くて安心してたくさん食べられますね。くら寿司は、新商品の開発に力を入れている印象がありますね。

最近では寿司屋なのにハンバーガーを販売したり、色々と攻めていますね。
本場アメリカでもハンバーガーは発売するんでしょうか。
味は実際に食べたことは無いから美味しいかは分かりません。値段は安くて手頃ですね😃

回転寿司チェーンと言えば、スシローが日本では最も店舗数が多かったはずです。
値段は100円均一は少なく他の回転寿司チェーンと比べると少し高めですね。
その分、ネタの種類が最も多い印象がありますね。

日本市場でも、くら寿司は上場しています。日本のくら寿司の株を保有すると、優待券として、くら寿司で使える商品券が貰えるから、優待目的でくら寿司の株を保有している株主も多いことでしょう。
肝心の株価は2018年頃がピークで最近は冴えませんね。

くら寿司USAの業績は、軽く見た限りでは、既に純利益も出ており、今後の成長も加味すると悪くないと思います。

しかし、2017年からの業績しか確認することが出来ず、安心して投資する対象ではありませんね。
くら寿司USAはバリュー株投資では無く、成長を期待して投資するグロース株投資です。

レストランチェーン株は当たると一攫千金も夢ではないです。
スターバックス、シェイクシャックなど大きく成長した株も多い。
特にスターバックスは日本でも人気で、世界中で店舗数を増やしていますね。

くら寿司が好きで米国でも成功するはずと思う方はぜひ投資してみてはどうでしょうか。

心配な点は海産物を取扱うレストランだから、魚などの海洋資源が乱獲で減少しつつある点は気になります。

また、新規上場後は株の売り抜けも多くてボラティリティは非常に高い。
株価が安定するまではリスクの高い投資となりますね。



⬇応援クリックお願いですニャ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株