黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

ハイテクに投資するETFを比べてみた。【XLK VGT QQQ】

f:id:osamu-i17811:20191126185304j:plain
黒猫です。

ハイテクに投資するETFはVGTやQQQが有名ですがステート・ストリート社のXLKも負けず劣らずの素晴らしいETFです。

今回はそんなハイテクETFで有名なXLK、VGT、QQQを比較してみました。

ハイテクETFの比較

XLK VGT QQQ
運用会社 State Street Vanguard Invesco
株価 88 235 204
分配利回り 1.15% 1.42% 0.75%
経費率 0.13% 0.10% 0.20%
運用資産 250億$ 240億$ 810億$
組入れ銘柄数 69 322 103
PER 22 23 22.5

XLKはテクノロジー・セレクト・セクター指数に連動する投資結果を目指すETF。

VGTはMSCI US Investable Market Information Technology指数の構成銘柄のうち、あらゆる時価総額規模のテクノロジー株のパフォーマンスに連動する投資成果を目指すETF。

QQQはナスダック上場の時価総額上位100銘柄で構成されるNASDAQ100に連動するETF

XLK 組入れ上位銘柄とセクター比率

XLKのトップ10銘柄
シンボル 銘柄名 比率
MSFT Microsoft Corporation 19.49%
AAPL Apple Inc 18.97%
V Visa Inc. Class A 5.29%
INTC Intel Corporation 4.35%
MA Mastercard 4.30%
CSCO Cisco Systems Inc 3.25%
ADBE Adobe Inc 2.48%
CRM salesforce.com inc 2.44%
NVDA NVIDIA Corporation 2.19%
AVGO Broadcom Inc 2.14%

マイクロソフトとアップルの比率がとんでもなく大きいです。
他のハイテクETFと比べても圧倒的な比率です。
XLKの組入れ銘柄数は69と少なく、より少数精鋭に特化したETFですね。

XLKのセクター比率

f:id:osamu-i17811:20191126165304j:plain
ハイテクセクターをさらに細かく分類したようなセクター比率となっていますね。
ハイテクソフトウェアとコンピュータ機器、半導体を組み合わせたようなETFです。


VGT 組入れ上位銘柄とセクター比率

VGTのトップ10銘柄
シンボル 銘柄名 比率
AAPL Apple Inc 17.45%
MSFT Microsoft Corp 15.91%
V Visa Inc. Class A 4.38%
INTC Intel Corp 3.86%
MA Mastercard Inc 3.84%
CSCO Cisco Systems Inc 3.10%
ADBE Adobe Inc 2.07%
ORCL Oracle Corp 1.99%
CRM salesforce.com Inc 1.98%
IBM International Business Machines 1.81%

XLK程ではないもののVGTもマイクロソフトとアップルの比率が大きいです。
VGTは組入れ銘柄数が322とより多く分散されていますね。

VGTのセクター比率

f:id:osamu-i17811:20191126172857j:plain
こちらもXLKと非常に似通ったセクター比率ですね。
同じハイテクセクターですが、XLKよりも広範囲に分散されている印象です。

QQQ 組入れ上位銘柄とセクター比率

QQQのトップ10銘柄
シンボル 銘柄名 比率
AAPL Apple Inc 12.05
MSFT Microsoft Corp 11.64
AMZN Amazon.com Inc 8.8
FB Facebook Inc 4.92
GOOG Alphabet Inc 4.62
GOOGL Alphabet Inc 4.06
INTC Intel Corp 2.89
CMCSA Comcast Corp 2.3
CSCO Cisco Systems Inc 2.17
PEP PepsiCo Inc 2.12

VGTやXLKでは登場しないAmazonやGoogle、Facebookも上位に組み込まれています。

QQQのセクター比率

f:id:osamu-i17811:20191126163850j:plain
セクター比率はハイテクセクターのみに限らず、コミュニケーションサービスや一般消費財サービスやヘルスケアなど様々なセクターに分散されていますね。
最も広範囲なセクターに分散されていますね。

トータルリターンの比較とまとめ

XLK vs VGT vs QQQ

f:id:osamu-i17811:20191126182334j:plain
f:id:osamu-i17811:20191126182429j:plain

どのETFを選んだとしてもS&P500に勝利しています。
3種類のハイテクETFのうち、どれを選択するかは好みによりますね。
経費率が最も低く、最もリターンが優れているのはVGTですね。

過去の結果をかえりみるとVGTへの投資が最適解でしょうか。

ただし、より幅広いセクターに分散投資するならQQQが最も優れていますね。

XLKは中途半端な印象ですが、株価が最も安いから、少額投資家にはありがたいETFです。
VGTとほぼ遜色ないリターンを目指せます。
XLKは組入れ銘柄が少なくアップルとマイクロソフトの比率が非常に高いことがリスクになりえますね。

簡単ですが各ETFを比較してみました。詳しくは各運用会社のHPで詳細を確認してみて下さい。

黒猫は主に配当重視の投資スタイルですが、とにかく過去のリターンが素晴らしいから投資したくなりますね。

もっと早くにETFや米国株の素晴らしさに気付いていたなら投資していたかも知れませんね。

過去には戻れませんから、これからの未来を見つめて頑張るしかありませんね。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株