黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

高配当ETFの【DHS】と【HDV】を比較した。

f:id:osamu-i17811:20200525155910p:plain
黒猫です。

高配当ETFとして人気のHDV。

そのHDVと同じく高配当が特徴のETFがDHS。

設立年月日はDHSがHDVより古く由緒ある高配当バリューETFがDHS。

DHSはウィズダムツリー社が運用するETF。
ウィズダムツリー社は配当に焦点を当てたETFを多く販売し、投資本「株式投資の未来」で有名なジェレミー・シーゲル教授がシニアアドバイザーを務める投資会社。

3大ETF運用会社のVanguard、BlackRock、State Streetと比べると小さな会社ですね。

DHSとHDVを比較

2020年5月25日現在の比較

運用会社 WisdomTree BlackRock
シンボル DHS HDV
経費率 0.38% 0.08%
配当利回り 5.81% 4.51%
保有銘柄 288 75
配当支払月 毎月 四半期毎



リターンを比較

2013年〜2020年
緑がDHS 青がHDV
f:id:osamu-i17811:20200525104033j:plain

年度/銘柄 DHS HDV SPY
2013 24.44% 23.61% 32.21%
2014 15.12% 12.55% 13.53%
2015 -0.61% -0.26% 1.34%
2016 17.86% 15.79% 11.8%
2017 11.69% 13.36% 21.69%
2018 -7.26% -2.93% -4.45%
2019 22.58% 20.35% 31.29%
年初来 -20.13% -16.32% -7.69%
5年平均 3.77% 4.88% 9.03%
10年平均 9.5% / 11.59%


DHSとHDVは、同じ高配当ETFですが、2013年までのデータを見比べると上昇局面ではDHSがより高く上昇する代わりに下落局面では、DHSがより大きく下落していますね。

暴落耐性はHDVの方が高そうです。

2020年の年初来リターンもHDVがDHSより下落率も低く安定しています。

DHSの10年間の平均リターンが9.5%
HDVは設立年月日が2011年3月とまだ若く比較出来ない。おそらくDHSとほぼ同じようなリターンになるかと思います。

S&P500indexの10年間平均リターンが11.59%だから、過去10年間の結果だけを見れば、S&P500indexが勝利。

全ては過去の実績だから次の10年間も同じリターンになるとは限りません。

過去の10年間のリターンではS&P500に勝るETFはグロース株中心のETFになりますね。

セクター比率
セクター/銘柄 DHS HDV
エネルギー ⑥9.64% ①27.72%
ヘルスケア ①18.16% ②20.24%
通信 ⑤11.46% ③15.13%
生活必需品 ④11.99% ④9.15%
公益事業 ③12.04% ⑤8.46%
情報技術 ②14.58% ⑥7.81%
金融 ⑦7.95% ⑦5.58%
資本財 ⑧2.76% ⑧3.2%
一般消費財/サービス業 ⑨0.56% ⑨1.27%
その他 ⑩0.28% ⑩0.75%
DHSトップ10保有銘柄

f:id:osamu-i17811:20200525150207j:plain

HDVトップ10 保有銘柄

f:id:osamu-i17811:20200525150142j:plain

詳しくセクター比率や保有銘柄を見比べると同じ高配当ETFでも随分と異なったポートフォリオです。

特にトップ10 保有銘柄だけで全体の60%程を占めるHDVと、DHSはかなり違いますね。

DHSのトップ10 比率は41%で保有銘柄も288銘柄とHDVの75銘柄より随分と多い。

HDVのエクソンモービルだけで10%も占める割合は気になりますね。HDVはエネルギーセクターの比率が高い。
エネルギーセクターの下落をJ&Jを中心としたヘルスケアセクターが支えているような感じでしょうか。

何故かDHSのトップ10にはJ&Jが含まれていませんね。

結論

結論から言えばどちらのETFを選んでも配当を得ながらリターンを得られるETFです。
過去の10年間の結果ではS&P500ETFには負けています。

DHSの経費率が0.38%とHDVの経費率0.08%より高い点は気になりますね。
もう少し安く出来ないものか😅

仮にDHSに100万円投資したとすると、年間3800円の経費が引き落とされます。

配当金では毎月配当が良いのか、それとも四半期配当で良いのか
好みで選んで良いと思います。

セクター比率も随分と違いますから、その点を考慮に入れて選択しても良いですね。

DHSはゼロETFの対象ETFだから購入時の手数料が実質無料ですね。
定期的に買付けするならお得です。
info.monex.co.jp



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株