黒猫のアメリカ株投資

長期投資でコツコツ貯蓄ブログ

11月のポートフォリオ【米国株は絶好調】

最新ポートフォリオ

米国株

f:id:osamu-i17811:20201128123023j:plain

銘柄 株数 累計損益
BTI 625 -2.38%
BTI(NISA) 95 +12%
ABBV 141 +48.6%
ABBV(NISA) 30 +32.51%
T 410 -5.71%
T(NISA) 50 -10.19%
SPYD 402 +14.1%
MO 220 -5.77%
MO(NISA) 30 -9.17%
DGRW 135 +14.13%
DFS 100 +103.59%
IBM 35 +2.78%
IBM(NISA) 21 -3.86%
PM 73 +3.09%
PFE 12 +10.2%
PFE(NISA) 82 -1.17%
RPRX 125 -0.84%
GIS(NISA) 50 +28.86%
GILD 20 -2.91%
GILD(NISA) 21 -6.64%
BYND 20 +13.95%
INTC 55 -0.48%
AAPL 25 -0.87%
MSFT 15 +0.58%
IVZ(NISA) 120 +15.9%
WHF 105 +31.73%
ARCC 60 +81%
VTRS(NISA) 10 ±0%
UNM 5 +37.19%

(※累計損益は配当除く損益です)



黒猫です。

11月の米国株は絶好調!大幅に資産を増やした投資家さんも多いことでしょう。
黒猫も10月の含み損から一転大幅な含み益状態となっています😄

米国株に限らずに日本株も絶好調ですね。

一方、日米共に成長著しいハイテク株は一休みといった状況でしょうか。3月のコロナショック後から8月までは飛ぶ鳥を落とす勢いで株価は上昇するも、現在は調整で停滞していますね。
大きく値上がりした反動でしょうか。

今は小型株(低位株)やバリュー株が特に好調ですね。

ワクチン承認期待のニュースや米国大統領選挙の結果が判明すると、株価が短期間にこれ程上がるとは思いもしませんでした。
市場は常に半年〜1年先の未来を織り込んで株価が動いていきますね。

今思えばSPYDもっと買っとけば良かったなぁと感じます😅

また安く買えるチャンスは来るのか。

話は変わりますが高橋ダンさんという投資家YouTuberの動画は参考になりますね。

世界の経済情勢の解説は分かりやすいし、彼の考え方は参考になりす。
ただしショート(信用取引の売り)を積極的にするやり方は真似出来ないし、これからもする予定はありませんね。

彼の長期投資と短期投資用の資金を分ける戦略は理に適っていると思います。

もちろん、投資に興味がないなら投資信託やETFの定期買付だけでも十分に資産を築けます。
短期と長期に分けて投資する戦略は投資がより好きな人の戦略とも言えますね。

長期投資のみならリーマンショックやコロナショックで大きなダメージを被ります。もちろん投資信託やETFの長期投資なら放ったらかしでもまた株価は戻って上がって行くでしょうが、安くなったタイミングで短期投資として株を買い増し上がったタイミングで売れば更に資産を増やすことも可能ですね。(もちろん成功する前提ですが😅)

買った株と売った株

今月売った株はありません。

今月買った株は保有株のBTI、IBM、RPRX、MSFT、AAPL、INTC、MO、DGRWなどを買い増し。

新規の株はファイザー(PFE)からスピンオフしたVTRSを取得。

VTRSはファイザーから分離独立した新会社で、主に特許切れの医薬品(ジェネリック)を販売する。
ジェネリックは売上高は高いものの利益率は低い業種になりますね。
追加で投資したい企業ではないですね。

NISA口座のVTRSはとりあえず売らずに保有します。

日本株
銘柄 株数 累計損益
コメダホールディングス 100 +0.21%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 100 +13.27%

日本の銀行株はようやく株価が上向きつつありますね。

コメダホールディングスはコロナ後の最安値1397円から1876円まで回復したものの、5月頃から株価は上下を繰り返すボックス相場の様相で保有しててもあまり旨味のない株となっていますね。

日経平均株価がコロナ後の最高値を更新する中で出遅れていますね。

コメダへの投資は微妙でしたね。
セクターローテーションでバリュー株が上がっている中でこの株は殆ど動かず。
これから上がるのだろうか🤔

配当金推移 2018年1月〜

f:id:osamu-i17811:20201128124013j:plain

年度 2018 2019 2020/11
配当金合計$ 1110 3093 4801

11月の配当金合計は約752.55ドルでした。
減配が無ければ来年には800ドル台に到達するはず。
楽しみだ😄


2020年の受取配当金
銘柄 支払月 配当金
ZMLP 1月 6.33ドル
WHF 1月 4.09ドル
MO 1月 63.28ドル
PM 1月 46.56ドル
OXY 1月 20.42ドル
KDP 1月 2.7ドル
T 2月 131.18ドル
GIS 2月 22.05ドル
BMY 2月 44.22ドル
BTI 2月 304.49ドル
ABBV 2月 135.97ドル
SBUX 2月 2.96ドル
IVZ 3月 15.5ドル
PFE 3月 17.10ドル
IBM 3月 43.69ドル
MMM 3月 29.54ドル
JT 3月 24543円
SPYD 3月 46.89ドル
GILD 3月 12.85ドル
WHF 4月 22.94ドル
PM 4月 46.51ドル
MO 4月 102.06ドル
T 5月 155.81ドル
GIS 5月 22.05ドル
コメダ 5月 2072円
ABBV 5月 151.21ドル
BTI 5月 328.25ドル
SBUX 5月 5.13ドル
IVZ 6月 18.6ドル
DFS 6月 42.6ドル
PFE 6月 28.04ドル
IBM 6月 57.72ドル
MMM 6月 37.98ドル
SPYD 6月 76.86ドル
GILD 6月 12.85ドル
ARCC 6月 14.36ドル
WHF 7月 25.47ドル
MO 7月 128.12ドル
PM 7月 63.24ドル
DGRW 7月 5ドル
T 8月 161.4ドル
GIS 8月 22.05ドル
ABBV 8月 151.2ドル
EV 8月 6.75ドル
BTI 8月 352.04ドル
DGRW 8月 7.2ドル
JT 9月 30679円
IVZ 9月 18.6ドル
DFS 9月 37.89ドル
PFE 9月 31.33 ドル
IBM 9月 65.9ドル
SPYD 9月 71.28ドル
GILD 9月 15.32ドル
DGRW 9月 6.54ドル
ARCC 10月 17.23ドル
WHF 10月 25.48ドル
RPRX 10月 11.02ドル
MO 10月 146.6ドル
PM 10月 68.67ドル
DGRW 11月 9.85ドル
T 11月 168.87ドル
GIS 11月 22.95ドル
AAPL 11月 3.4ドル
ABBV 11月 151.2ドル
BTI 11月 395.23ドル
UNM 11月 1.05ドル

全て税金支払い後の配当金額です。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株